ホーム > スタッフ日記

スタッフ日記

四柱推命から見る結婚運 vol.5 自分は何者?-弱いオス編

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー チラシ

開館12周年記念「四柱推命による婚活セミナー」に向けて、少しずつお話をしています。
四柱推命から見る結婚運、今回は「自分は何者?-弱いオス」編です。
※四柱推命から見る結婚運 vol.4 自分は何者? >

弱いオス

弱いオス?ってどんな意味でしょう?

演劇に例えれば負け役、切られ役等を押し付けられるオスです。
新しい事にチャレンジするのは苦手で消極的です、何事にも自信を持てずに周りの意見に左右されてしまう。
こんな風に書くと弱いオスは全然魅力が無いようですが、言葉を変えて弱さが良い方向に出れば、手堅く、人の痛みの分かる優しい人になります。

結婚に対しては、好きになっても自分から意志表示するのは苦手、競争相手が出てくると自分からコケて身を引こうとします。

女性から積極的にアタックされると「こんなに自分の事を好きだと言ってくれる人とお付き合い、結婚すれば大事にしてもらえる」と感じて押し切られます。
吉凶は別の物差しで測る事になります。

強いオスと弱いオスに付いて書きましたが、強いメス、弱いメスも概ね同じと考えていいかと思います。

強い男女は何事も「自分発」いい事も、悪い事も原因は自分にある事が多く あきらめる事無く何度でもチャレンジする力を持っています。

弱い男女は自分に降り掛かってくる災いは他人の意見に振り回される所から 湧き上ってきます。

結婚へのロードマップ

男女には強弱があると書いてきました。
強弱が結婚にどんな関連性があるのか?
強い男女は自分で気に入った相手を見つけた人は比較的若く結婚します。

気に入った相手に巡り合わなかった人は恋の巡礼者となって晩年に至るまで結婚しません。
強い男女は自分に妥協出しない、出来ないのです。

弱い男女は自分で相手を見つける事は出来ても口説き落とすまで頑張る事は難しいのが事実です。
姿かたちは親譲りなので弱い男女でも美人、男前なら相手に口説き落されて結婚します。
強い男女は自分が好きにならないと結婚しない、弱い男女は積極的に口説かれる、押されると「こんなに好き、好きと言ってくれる何度も断ると相手に申し訳ない」と考えて受け入れてしまう傾向があります。

自分が強いのか弱いのか?
案外知らないものです。

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー 2017.12.3 sun.

四柱推命から見る結婚運 vol.4 自分は何者?

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー チラシ

開館12周年記念「四柱推命による婚活セミナー」に向けて、少しずつお話をしています。
四柱推命から見る結婚運、今回は「自分は何者?」編です。
※四柱推命から見る結婚運 vol.3 結婚運と恋愛運編 >

婚活を始める前に知りたい事

相性、運勢、結婚運と恋愛運の関係とお話を繋いできました。
それぞれの正体、どんな働きをしているのか駆け足ですが説明をしました。

3つの事が絡まって結婚と言うゴールポストは設置されています。
どうやればゴールを決められるのか?
一番大切なのは、相性でも運勢を知る事でもありません、「自分を知る事」がとても難しく分かっているつもりで案外わかっていない「自分」を知る事です。

自分は誰?何モノ?

世の中は男女、動物の世界ではオスとメスと分類されています。
男女同権ですが男女異質と言うのが四柱推命を含めた占い界の不文律です。
男女異質とは男性、女性では価値観及び人生に対する姿勢が根本的に違います。
男性は意地とメンツを大切します。
女性は意地、メンツより現実的な事を優先します。
この違いを理解出来ないと「何故?」を自問自答する事になります。

男女は強いオスと弱いオス、強いメスに弱いメスと中間にいるオス、メスに分類出来ます。
強いオスも何十種類に分類して鑑定するのですが今回は簡単に大胆に大まかに強い、弱い、中間の3種類に分けます。

強いオスは、男性的で自分の意見を通すのが大好きで目立つのが大好きです。
いい方向に強さが働けば組織のリーダーになったり、若くして独立開業して成功します。
何事も自分発で人生は自分で切り開くものだと考えています。
女性に対しても積極的で好きになった相手が「うん」と言うまでアプローチしようとします。
案外モテル人が多いのも事実です。
積極的で情熱的で自信家で将来性がある様に見えます。
「素敵」と感じる女性が出てくるのも当然です。

強いオスは自分の弱点を他人に知られる、見られるのがとても嫌いです。
自分の弱みは決して見せようとしません。

強さが裏目に出れば、横車を押し通そうして失敗して組織から飛び出したり、恋愛相手は沢山いても「もっと自分に相応しい女性が居るはずだ」と理想を追い求めて婚期を逸していたりします。
強いオスタイプに心当たりは無いですか?
強い事は人生においてプラスに働く事が多いのは事実ですが、結婚生活を順調に送れるかどうかは強さだけで保証はされていません。

次回は、弱いオスのお話を少し。

※四柱推命から見る結婚運 vol.5 自分は何者?-弱いオス編 >

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー 2017.12.3 sun.

「米こめ屋島」風にアレンジ‼️

四国新聞さんで「四国新聞文化教室 合同写真展」

いつもお世話になっているカフェのママ手作りの「丹波の黒豆ご飯」

米こめ屋島」風にアレンジ‼️

私のお昼ご飯なります。

四柱推命から見る結婚運 vol.3 結婚運と恋愛運編

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー チラシ

開館12周年記念「四柱推命による婚活セミナー」に向けて、少しずつお話をしています。
四柱推命から見る結婚運、今回は「結婚運と恋愛運」編です。
※四柱推命から見る結婚運 vol.2 運勢編 >

結婚運と恋愛運

「結婚はいつ出来ますか?」、「私の結婚運はいつですか?」
鑑定中に良く聞かれる事です。
四柱推命的な視点から言えば、結婚運と恋愛運はまったく別のものです。
恋愛運と言われる異性との「出会い」の多少は人によって差があるのは事実です。
少し前に流行った「モテ期」に通じるものがあります。
結婚する為には「出会い」から「恋愛」と段階を踏んで行きます。
彼氏、彼女は出来るけどなかなか結婚出来ないしない人、皆さんの周りにいませんか?
一つ屋根の下暮らす結婚生活とそれぞれが自分の家がある恋愛時代では密度が違います。
お互いに生活を支えあう、家事、近い将出来るかも知れない赤ちゃんの子育て等々、結婚には様々な責任と義務が付いてきます。
此処が恋愛は出来るけど結婚はしない人、する人の分岐点になります。
自分がどちらなのか知る事が出来れば結婚に対する対策も立てる事が出来ます。
結婚運と恋愛運は全く別のもので、連動はしていない。これは重要なポイントです。

結婚に必要な要素?

恋愛運と婚活は連動しない。四柱推命の答えです。
最初から「結婚」をキワードに相手を探す時、大事なのは恋愛運でなくこれからの運勢と結婚運が重要になります。
二人にとって大事なのは、「結婚して大丈夫なのか?」、「生活を一緒に出来る 相手なのか?」等々、「出会い」から始まる恋愛とは心配になる部分が違います。
男女とも恋愛相手を探す時と結婚相手を求める時では判断基準、視点が変わります。
運勢のお話を簡単におさらいすると、相手が自分を良い方向に理解しようとしてくるのが吉運、悪い方向に捻じ曲げてでも評価しようとするのが凶運です。
結婚運の吉凶は何処にあるのか?
運勢が吉運である必要はありませんが凶運は相当な覚悟と努力、周到な準備をしなくてはいけません。
自分発の視線ではなく、気に入った相手から見える自分の姿を知る事が大切になります。
自分が結婚運に入っていなくても、相手の結婚運に巻き込まれてしまえば結婚出来ます。
結婚は二人の人生が絡み合う物ですから、両方が結婚運に到達していなくても片方が結婚運を持っていれば結婚に至ります。

※四柱推命から見る結婚運 vol.4 自分は何者? >

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー 2017.12.3 sun.

【だるま朝日2017】庵治町写真コンテスト ピックアップ展

だるま朝日の昇る街、庵治町写真コンテスト 2014〜2016年度 ピックアップ展

当館 多目的室にて、
だるま朝日の昇る街、庵治町写真コンテスト
2014〜2016年度
ピックアップ展

を開催中です。
開催期間は12月20日まで。

また、今年度も同コンテストでは、高松市庵治町(あじちょう)にまつわる写真を大募集します。
作品の募集期間は、
2017年11月25日(土)~12月10日(日)必着です。

詳しい応募要項、および応募票は、
だるま朝日の昇る街、庵治町写真コンテスト 公式ホームページ – 応募要項
をご覧ください。

応募・
お問い合わせ先

〒761-0130 香川県高松市庵治町5824番地4
純愛の聖地庵治・観光交流館 内

だるま朝日の昇る街、庵治町写真コンテスト実行委員会 事務局

TEL・FAX: 087-871-1700
(9:00 ~ 17:00 / 火曜休館 / 担当: 滝内)

(当サイトの、交通案内や、お問い合わせのページもご参照ください)

第4回(2017年度) だるま朝日の昇る街、庵治町写真コンテスト ポスター

ある日曜日

四国新聞さんで「四国新聞文化教室 合同写真展」

雲一つない秋空に誘われのか、
交流館でセッションが開催中。

開催日は未定、参加メンバーも未定、楽器も時々。

運の良い人は出会うことができる?

純愛の聖地に流れ出すハーモニー、
楽器を持って交流館に集合できる人募集中。

参加資格は、セッションが始まる時に
交流館にいる小さな幸運をつかめる事。

主催者の居ないセッションにつきお問い合わせはご遠慮ください。

四国新聞さんで、合同写真展 2017

四国新聞さんで「四国新聞文化教室 合同写真展」

四国新聞さんの 週刊アート情報 木曜倶楽部 で、
四国新聞文化教室
高松会場 三木分室 & 東かがわ会場
合同写真展

の告知をして頂きました。

 
四国新聞文化教室 合同写真展 / 平成29年11月2日(木)~12日(日)

四柱推命から見る結婚運 vol.2 運勢編

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー チラシ

開館12周年記念「四柱推命による婚活セミナー」に向けて、少しずつお話をしています。
四柱推命から見る結婚運、今回は「運勢編」です。
※四柱推命から見る結婚運 vol.1 相性編 >

運勢

四柱推命の鑑定で聞かれる事が多いのが
「私の運勢はいいですか?」
が上位に入ってきます。

運勢って?なんだろう?
初詣に行けばおみくじを引く方も多かと思います。
大吉、吉、凶の方もたまにはいるかと思います。
運勢も吉運、凶運の2つに分けられます。
細かく分類すればもっと沢山に分かれているのですが、大まかに2つに分けます。

吉運は、年齢、性別等を問わず「回りが自分を理解しようとしてくれる運」 です。
いい方向へ理解しようとしてくれ出来るだけ高い評価を与えてくれます。
何事も、「あの人に意見を聞こうよ」とか「あの人に任せれば安心」等々のような現象が身の回りで起きて来ます。
自分も運勢のエネルギーを充填されて活動力、親切心が満ち溢れて来ます。
活動的で優しく親切で評価の高い人、内面も充実している人は幸福ですよね。

凶運は、全く反対の現象が起きて来ます。
「回りは日本語が通じない奴らばかり?」、「なんでそうなるの?」
こんな感じです。
何事も周到に準備をしてもどこかに漏れ掛けが出て来て、最終到達点は想定とは違う物になってしまう。
責任は自分に押し付けられ、評価は悪化の一途となり自信を失い、誇りを傷付けられる。
少し極端ですが凶運の作用は、時間を掛けながらじわじわ来るのか一瞬で来るのか別にして自分を傷付けに来ます。

結婚と運勢の関係

やっと本題です。
吉運、凶運に付いて簡単に説明しましたが、結婚を考えた とき男女を問わず「運勢の良い相手」を見つけましょう。
四柱推命の解答です。
結婚生活は何十年の時間を前提にしています、お互い相手の足りない所、弱点を補う事が出来ればプラスの要素が活きて来ます。
吉運の時期が重なる二人はとても幸福です。
凶運の時期が重なる二人は結婚しない方が無難です、お互いの吉運、凶運の時期がずれる二人は注意事項を守って人生を渡っていけば大きな禍は小さく、小さな禍は無かった事に出来ます。
婚活には自分ともしかしたら自分の伴侶となる人の運勢を把握しておく事がとても大切だと四柱推命は語りかけています。

※四柱推命から見る結婚運 vol.3 結婚運と恋愛運編 >

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー 2017.12.3 sun.

ページの先頭へ