ホーム > スタッフ日記 > web担当 > 庵治石で染め物!? 「庵治んこ染」ワークショップ のレポート

庵治石で染め物!? 「庵治んこ染」ワークショップ のレポート

「庵治んこ染」ワークショップ

「庵治んこ染」ワークショップ の様子

2012年4月29日(日)、多目的室にて、
「庵治んこ染」(あじんこぞめ)
のワークショップが開かれました。

この日は、午前の部と午後の部、それぞれで参加者を募りまして、今回はその午前の部をレポートさせて頂きます。

 
染料/佐竹先生からのご挨拶/見守る佐竹先生

「庵治んこ染」とは、染色作家の佐竹藍月先生が生み出した技法です。
「花崗岩のダイヤモンド」と呼ばれる庵治石ですが、その石粉を使って布を染色します。

当日は、佐竹先生ご本人と、お弟子さんたちにお越し頂きました。
ワークショップに応募・参加して下さった皆様に、直接ご指導をくださり、オリジナルの巾着やランチョンマット等を作っていきました。

「庵治んこ染」ワークショップ の様子

 
「庵治んこ染」ワークショップ の様子

「庵治んこ染」ワークショップ の様子

「庵治んこ染」ワークショップ の様子

とにかく会場は大盛り上がり。
お子さんも、大人の方も、皆さんそれぞれのこだわりを持って、作品づくりに取り組んでいました。
出来上がっていく作品も、すごくハイレベルで、可愛らしい作品、カッコいい作品、綺麗な作品、本当にステキなものばかりでした。

後半だんだん要領がつかめてくると、さらに新たなアイディアもわくようで、今度はご自分流にアレンジを加えたりもしながら、2作目、3作目と次々に取り掛かる方々もいらっしゃり、時間いっぱいまで大変な盛り上がりでした。
(時間いっぱいまで、というか、あまりに盛り上がりすぎて、だいぶ時間をオーバーしていましたが…笑)

 
記念に赤ちゃんの足型も

会場の熱気に、そしてなにより、参加者の皆さん一人一人のご熱心さに、ものすごく感動しました!
ありがとうございました!

 
最後に雨平写真館の前で記念写真/足型

ページの先頭へ