ホーム > スタッフ日記 > web担当 > 『未来のお墓デザイン画展』 のレポート

『未来のお墓デザイン画展』 のレポート

小学生による未来のお墓デザイン画展

2012年5月18日(金)~6月4日(月)の期間、
第1展示室にて、
『未来のお墓デザイン画展』
が開かれました。

地元庵治小学校の生徒さんが描いたデザイン画です。
(この春から、中学生になった子も含まれています。)

小学生による未来のお墓デザイン画展

 

小学生による未来のお墓デザイン画展

それにしても、小学生による「お墓」のデザインとは!
まさに、「あじっこ」ならではの、面白い企画です。

というのも、庵治地区は日本三大石材産地の一つとされ、「花崗岩のダイヤモンド」ともいわれる「庵治石」は、最高級の墓石としても有名なのです。

かくいう僕も、生粋の庵治んちゅ(?)でして、庵治小時代は、社会科見学の授業で、大きな庵治石を加工している地元の工場に行ったものです。
そこで、日本三大石材産地どころか、
庵治石は「世界でも三本の指に入る!」と教えられました。
ある種の英才教育です。
余談です。すみません。

 

とにもかくにも、昔からの英才教育は続いているようで(?)、庵治小の子どもたちの、お墓のデザイン画は、大人ではとても真似できないような、大変ユニークな発想が満載で、すごく楽しいデザイン画展になっておりました!

『未来のお墓デザイン画展』をご覧くださった皆様、ご来場、誠にありがとうございました!

小学生による未来のお墓デザイン画展

ページの先頭へ