ホーム > スタッフ日記 > 四柱推命から見る結婚運 vol.4 自分は何者?

四柱推命から見る結婚運 vol.4 自分は何者?

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー チラシ

開館12周年記念「四柱推命による婚活セミナー」に向けて、少しずつお話をしています。
四柱推命から見る結婚運、今回は「自分は何者?」編です。
※四柱推命から見る結婚運 vol.3 結婚運と恋愛運編 >

婚活を始める前に知りたい事

相性、運勢、結婚運と恋愛運の関係とお話を繋いできました。
それぞれの正体、どんな働きをしているのか駆け足ですが説明をしました。

3つの事が絡まって結婚と言うゴールポストは設置されています。
どうやればゴールを決められるのか?
一番大切なのは、相性でも運勢を知る事でもありません、「自分を知る事」がとても難しく分かっているつもりで案外わかっていない「自分」を知る事です。

自分は誰?何モノ?

世の中は男女、動物の世界ではオスとメスと分類されています。
男女同権ですが男女異質と言うのが四柱推命を含めた占い界の不文律です。
男女異質とは男性、女性では価値観及び人生に対する姿勢が根本的に違います。
男性は意地とメンツを大切します。
女性は意地、メンツより現実的な事を優先します。
この違いを理解出来ないと「何故?」を自問自答する事になります。

男女は強いオスと弱いオス、強いメスに弱いメスと中間にいるオス、メスに分類出来ます。
強いオスも何十種類に分類して鑑定するのですが今回は簡単に大胆に大まかに強い、弱い、中間の3種類に分けます。

強いオスは、男性的で自分の意見を通すのが大好きで目立つのが大好きです。
いい方向に強さが働けば組織のリーダーになったり、若くして独立開業して成功します。
何事も自分発で人生は自分で切り開くものだと考えています。
女性に対しても積極的で好きになった相手が「うん」と言うまでアプローチしようとします。
案外モテル人が多いのも事実です。
積極的で情熱的で自信家で将来性がある様に見えます。
「素敵」と感じる女性が出てくるのも当然です。

強いオスは自分の弱点を他人に知られる、見られるのがとても嫌いです。
自分の弱みは決して見せようとしません。

強さが裏目に出れば、横車を押し通そうして失敗して組織から飛び出したり、恋愛相手は沢山いても「もっと自分に相応しい女性が居るはずだ」と理想を追い求めて婚期を逸していたりします。
強いオスタイプに心当たりは無いですか?
強い事は人生においてプラスに働く事が多いのは事実ですが、結婚生活を順調に送れるかどうかは強さだけで保証はされていません。

次回は、弱いオスのお話を少し。

※四柱推命から見る結婚運 vol.5 自分は何者?-弱いオス編 >

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー 2017.12.3 sun.

ページの先頭へ