ホーム > スタッフ日記 > 四柱推命から見る結婚運 vol.6 どんな季節に住んでる?

四柱推命から見る結婚運 vol.6 どんな季節に住んでる?

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー チラシ

開館12周年記念「四柱推命による婚活セミナー」に向けて、少しずつお話をしています。
四柱推命から見る結婚運、今回は「どんな季節に住んでる?」編です。
※四柱推命から見る結婚運 vol.5 自分は何者?-弱いオス編 >

自分はどの季節に住んでいる?

地球儀を回してみると世界には様々な気候の地域があります。
寒い地域、暑い地域、温暖な地域の3つに大きく分かれると思います。
日本にも四季があります、自分がどの季節の住人なのか?大事なポイントです。
春夏秋冬、季節は何を図るバロメーターなのか?人間関係を図る物差しです。
私たちが普段生活している暦の春夏秋冬と四柱推命のそれは別の物です。

春の住人、夏の住人、秋の住人、冬の住人と4種類の世界が有ります。
皆さんも必ず何処かの季節の住人です、山川草木同じからずと言う様に今見ている風景はみんなが同じに見えている訳ではありません。

詳細な分類はさておき、春夏秋冬の4つに付いて見え方をお話しします。

春の住人は人間関係が意識せずとも良好で、ドタキャン、仲間外れにされる事も無く生きて行く事が出来ます。季節の春に通じる所もある為、小春日和の人間関係を想像して頂ければイメージが湧くかと思います。
暑すぎず寒からず、近からず遠く無い距離感で人が接してくれる、接する事が出来ます。

春の住人と結婚運

人間関係が良好な春は結婚もすんなりしてしまう、出来てしまう傾向があります。
結婚してからも相手に対して過度の期待、希望を持つことなくお互い必要な努力はするべきだと考えています。

何事も伴侶となる人の意見も尊重して生活を構築しようとします。
結婚適齢期を春の住人として迎える事が出来る人は結婚がハードルになる事はありません。
一般的な適齢期に物事がスムーズに運び、自分の意見が良い形で通る春の住人は結婚してからトラブルが起きない訳ではありませんが、腹8分目と言う感じで自分の意見をごり押しせず物事を丸く収めようとします。

結婚に関しては相手の悪い所を見ても決して非難する事無く、良い所をみて今より好きになれる理由を探しだします。
「あっ、こんな素敵な一面もあったんだ。」と言った具合に結婚生活も足し算で考えます。

結婚運は自分発、他人発どちらでも恵まれた伴侶に感謝して生きて行きます。

周りにこんな人いませんか?

※四柱推命から見る結婚運 vol.7 どんな季節に住んでる?-夏の住人編 >

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー 2017.12.3 sun.

ページの先頭へ