ホーム > スタッフ日記 > 四柱推命から見る結婚運 vol.7 どんな季節に住んでる?-夏の住人編

四柱推命から見る結婚運 vol.7 どんな季節に住んでる?-夏の住人編

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー チラシ

開館12周年記念「四柱推命による婚活セミナー」に向けて、少しずつお話をしています。
四柱推命から見る結婚運、今回は「どんな季節に住んでる?-夏の住人」編です。
※四柱推命から見る結婚運 vol.6 どんな季節に住んでる? >

夏の住人

夏の住人はとても明るくて人生は楽しむ物だと考えています。
楽しい事と苦しい事があれば楽しい事を優先して、苦しい事は少しでも先延ばしにしようと考えます。
小さな努力で大きな成果を得たいと棚ぼた的幸運に恵まれる事を願っています。

良い悪いではなく基本的な考え方は楽観主義で物事を深く考えず何事も何とかなると思っています。

夏の住人の結婚運

夏の住人は結婚をめんどうくさい物、持ちたくない責任を持たねば成らなくなる物と感じています。
出来る事なら結婚と言う単語は聞きたくない、触れたくないと思っています。
恋愛時代に結婚と言う単語が出ると腰が引ける、適当な言い訳をして結局は「結婚したく ない」と言います。

恋愛するには楽しくて良い人ですが、結婚とは無縁の世界に住み続けたいと考えている人ですから結婚相手としては難しいタイプになります。

夏の住人を結婚させるには条件をクリアする必要があります。
条件とは、責任を持たねばならないと言う重圧から解放する事です。

男性であれば、奥さん近い将来に出来る子供の面倒をみる生活を担保する収入を確保する等々を免除してあげる必要があります。
本来は明るくて楽しい人ですから、条件さえクリアすれば結婚相手には比較的恵まれます。
夏の住人は取扱説明書をよく読んで結婚条件を把握する事が大切です。

秋の住人

秋の住人は、一見春の住人と同じ様に見えます。
春と秋は現実の世界でも気温等何となく似た部分もあります。
バランスの取れた考え方、常識的な人が大多数です。

これから夏を向かえる春と冬に向かう秋では内面は全く違うものです。
実りの秋と言われる様に秋の住人は何事にも結果を重視する傾向があります。
どんなに頑張っても結果が伴わなければ良しとしません。
未来を夢見てプラス思考の春の住人と違って秋の住人は引き算の思考をします。
ダメだったらどうする?
ここがポイントです。

結婚運については次回に。

※四柱推命から見る結婚運 vol.8 どんな季節に住んでる?-秋、冬の住人編 >

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー 2017.12.3 sun.

ページの先頭へ