ホーム > スタッフ日記 > 四柱推命から見る結婚運 vol.8 どんな季節に住んでる?-秋、冬の住人編

四柱推命から見る結婚運 vol.8 どんな季節に住んでる?-秋、冬の住人編

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー チラシ

開館12周年記念「四柱推命による婚活セミナー」に向けて、少しずつお話をしています。
四柱推命から見る結婚運、今回は「どんな季節に住んでる?-秋、冬の住人」編です。
※四柱推命から見る結婚運 vol.7 どんな季節に住んでる?-夏の住人編 >

夏の住人の結婚運

秋の住人は結果重視ですから、高嶺の花にチャレンジして玉砕するライバルがひしめく 男性に果敢にアタックして返り討ちに合うことは嫌がります。
春夏と季節が廻った地が秋ですから自分を控えめに評価します。
結婚相手も堅実な相手を選ぼうとする傾向があります。

手堅いのですが結婚に夢を描く春の住人から見ると魅力が乏しい人に見えます。
人生を甘く見てしまう夏の住人からは堅物、人生を楽しめない可哀そうな人と思われます。

冬の住人

冬の住人は特定の人を除いて人間関係が冷たくなり易いと思います。
単純に 11月、12月、1月に生まれたから冬の住人と言うわけではありません。
冬人は孤独感を持ちやすく誰も自分を理解してくれないと感じています。
この事が結婚に対して恐怖心を持ったり、本当に結婚してもいいのか?1人の方が慣れていて楽なのでは?疑心暗鬼になります。

冬の住人の結婚運

何を準備すればいいのか?
現実の世界では結納、嫁入り道具と呼ばれています。
四柱推命の世界では自分にない物を求める、身に付ける事が大切だと言われています。
冬に無い物は温かい太陽、暖かい部屋等、暖かいがキーワードです。

暖かい人間関係、暖かい言葉を相手に送る事、暖かい衣服を買う収入を得る職業等、社会人として生活して行く為に必要と思われる物、当たり前にあって当然の物を無くしてしまわない事が大切です。
冬人は自分の環境が寒い為、自分も冷たい態度、言葉を使いやすくなります。

暖かい言葉、人間関係、収入を得る職業を確保できれば結婚運は自然とやってきます。

※四柱推命から見る結婚運 vol.9 セミナー報告 >

開館12周年記念 四柱推命による婚活セミナー 2017.12.3 sun.

ページの先頭へ